ダイエットの停滞期を回避するためにリバウンドの原因を知ろう

リバウンドやダイエットの停滞期を発生させるメカニズムを
知ることができれば、ダイエットに成功しやすくなります。

リバウンドしないようにダイエットを成功させたいなら、
リバウンドのメカニズムを知って、
リバウンドしないダイエットをする必要があります。

短期間にいきなり気合の入ったダイエットをしようとすると、
飢餓状態になった体は、エネルギーを貯めこもうと働きます。

食事の供給がなくなっても、生命機能を維持できるように、
極端なカロリー制限を受けた身体はエネルギーの消費量を
できるだけ減らすように作用します。

少ないエネルギーを上手に使うためには有効な機能ですが、
ダイエットにはまったく逆の効果として働いてしまいます。

つらい思いをしてダイエットに取り組んでも、
停滞期になると体重が減らなくなってしまったり、
ダイエットを頑張りたいという気力もわかなくなります。

ダイエット中で食べたいものやデザートを我慢したり、
しんどい運動をしているのに体重が減らなくなってしまうと、
誰でも挫折してしうのは当たり前の話ですよね。

ダイエット中に停滞期に入っても、今までどおりがんばれるように、
先に下調べや心構えをしておいてダイエットに臨みましょう。

カロリー制限をメインにしたダイエットをしていると、
筋肉が衰えて、基礎代謝の低い体になってしまいます。

ダイエット後のリバウンドは、食事制限などで体重を落としても、
筋肉量の減少によって代謝が下がっている時に、
食事量を戻してしまった時に起きます。

リバウンドが起きてしまう問題を解決するためには、
エネルギー源として必要な食事量を確保して、
同時に運動も行わなければいけません。

リバウンドのメカニズムを理解して、食事による摂取カロリーと、
運動による消費カロリーのつり合いをとっていきましょう。