30代メタボ女性の胴囲やお腹周りの改善策は?
30%e4%bb%a3%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%9c%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ae%e8%83%b4%e5%9b%b2%e3%82%84%e3%81%8a%e8%85%b9%e5%91%a8%e3%82%8a%e3%81%ae%e6%94%b9%e5%96%84%e7%ad%96%e3%81%af%ef%bc%9f

体重だけでは判断できないメタボと肥満の違い

見た目は肥満というほどでもない人でも、
メタボに近いと言われる事があるといいます。

肥満とは、身長を考慮しても体重が多すぎるという様子ですが、
肥満だからメタボリック症候群とは限りません。

体重を身長の2乗で割った数値の事をBMIと言い、
BMIが25以上、腹囲85センチ以上、女子は90センチ以上の時を肥満と定義しています。

メタボと肥満を同一視している人もいるようですが、
両者は定義でも、中身でも、異なっています。

現在は病ではなくても、メタボリックシンドロームは、
今後生きていく上で疾患の危険性が高くなるので、
疾患が悪化する前に解決しなければなりません。

トラブルが起きやすいステータスになる事が、メタボリックシンドロームの問題点です。

心筋梗塞や、脳梗塞、高血圧や糖尿病の危険性を高めるという位置づけです。

血圧、血糖、血中の脂質が高すぎる事と、内臓脂肪型肥満である事の
2つの要件を満たすと、晴れてメタボと見なされます。

一言で肥満といっても皮下脂肪型と内臓脂肪型があり、
皮下脂肪型肥満ならばメタボリックシンドロームとは見なされません。

言うまでもなく皮下脂肪型の肥満であっても、
高血糖や高血圧症のきっかけになりますので、改善が必須です。

メタボ対策では、運動療法と、食事の改善が優先されています。

動脈硬化が生じても進展もしないように、
体内に要らないカロリーが留まらないようにして、
体脂肪率を減らす事を目的としています。

病にかかりそうな人の疾病危険性を減らす事で、
医療費を下げたいという国の目論見が、背後にはあったと考えます。

健康保険に入ってる人は、40歳からは毎年健康診断を受ける義務があります。

体重ではなくメタボの危険性は健康診断による測定で判断

メタボリックシンドロームを、縮めてメタボといいます。
内臓型肥満体型で、かつ、高血圧、高血糖、脂質異常のうちの2つに該当する事例となります。

インスリン抵抗性症候群、内臓脂肪症候群などの病態を総合整頓した
コンセプトという事になっています。

メタボの基準は日本独自のものとなっていて、海外の保健組織や外国の国々とは異なっています

体脂肪が内臓に多く蓄積されていると、高血糖や、高血圧などの体疾患が発症しやすい事から、
肥満解決の必須性が示唆されています。

血糖値や、血圧を適正にキープする事が健康維持の上では大切である事は、
高血糖や、高血圧は、ゆくゆく動脈硬化になりやすくなる事からもわかります。

重篤な病になってしまう危険性を前もって理解しようという試みから、
メタボの基準が決まりました。

肥満という用語は、太り気味な体型を連想しますが、
メタボの中にはそれほど太っていない人もいます。

内臓肥満型肥満と呼ばれていますが、メタボの健康診断では血圧や空腹時の血糖値、
中性脂肪値の他に腹囲測定などがあります。


男性は85センチ以上、女子は90センチ以上の人は
メタボリックシンドロームの危険性があると判断されます。

腹囲が、メタボの要件を達成していても、
体重の重さ自体は突出した数字ではないという人もいますので、
メタボは太っているとは一概には言い切れません。

もしもメタボリックシンドロームだと言われたら、今後も健康で生きていくためには、
メタボを解決していかなければなりません。

動脈硬化の現れてを防止するための脂肪蓄積の進行防止や解決を目的として、
摂取カロリーを適正化する食事療法や脂肪燃焼のための運動療法を行う事をイチ押しします。

体重を減らしてメタボを改善するには

脂肪が内臓の回りに豊富について、体重が増加すると、
メタボリックシンドローム見込みが高くなります。

定期的に食べているカロリーの量と、運動や活動で支出している
カロリーの量が釣り合っていれば、内臓脂肪は増加しません。


食事と運動に気を配りながら、決まった生活をちょっとずつ変える事が
可能なら、内臓脂肪を減らす事ができます。

健康診断でメタボリックシンドロームって言われたけど、
食事量を減らしたり、運動量を増やす意欲がわかないという人もいます。

メタボを放っておくと、血管が硬く流れづらくなって、
歳を経るにつれ目づまりが起きやすくなり、動脈硬化になる確率が高まります。

内臓脂肪の減少を目指して、積極的に体を動かしたり、健康的な暮らしを心がけましょう。

皮下脂肪と対比すると、内臓脂肪は体につきやすく、
運動などで代謝を促しやすい脂肪細胞だといいます。

体内に蓄積されている内臓脂肪を燃やすためには、運動不足を解決したり、
不規則な暮らしを改善して、健康状況をよくする事です。


ウオーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動を定期的にやると、
筋肉量が増大して代謝が上がるので脂肪が燃焼されて体重が減っていきます。

肉や油ものはほどほどにして、薄味で健康にいい食事をする事で、
食事改善に役立つでしょう。

野菜や、果物を多く食べるように意識してください。

食事をする時には、満腹するまで食べようとするとカロリー過多になりますので、
ほどほどにしておきましょうね。

メタボを改善するには、運動して、健康的な食事をする習性を、しばらく継続する事です。