genryou

簡単楽痩せ減量するには

多くの人が、簡単に痩せられるメソッドを知りたいと思っています。

その人個人個人にあったダイエット方法だったら、
手っ取り早く減量する事ができます。

世の中には、数えきれないほどのダイエットがあります。

炭水化物を使った食事は1日に1回に限定するというダイエットや、
8時間以内に朝食から晩食まで食べるというダイエットもあります。

豆乳ダイエットや、バナナダイエットなどの簡単ダイエットや、
短期間の間だけ断食を行うダイエット方法もあります。

この中の一つか二つを試した事がある人なら体感しているでしょうが、
自らの体質に合う簡単な減量メソッドを知る事は、以外と大変です。

友達同士などで同じ減量手段にトライしても、
友達には劇的な変化があったとしても、
自分だけ体重がさっぱり変わらないという事もあります。

これは、自分に合わないダイエット方法だということです。

今後ダイエットに取り組んでいく人は、
どういった減量なら自身の体に成果があるかを知らなければいけません。

では、どうやって減量に取り組んでいけばよいでしょうか?

減量をしている時は順調に体重が減っていきますが、
自分の理想の体重まで減量してから、以前の食生活に戻したら、
急激にリバウンドをしてしまったという話はよくあります。

極端な食事制限などを減量手段に用いると、リバウンドしやすい体質になるといいます。

減量をする時には、後々リバウンドが起きないように注意しましょう。

減量とリバウンド

リバウンドは、何故起こってしまうのかという事について調査してみました。
人は生きていくためにカロリーを補給しています。

1日で使用するカロリー量が、1日で体内に入るカロリー量を上回れば
確実に痩せることができますよね?

炭水化物を極力摂取しない事で、摂取カロリーを制限するダイエットがあります。

米やパンなど炭水化物を食べない事で、
摂取カロリー量を制限するという手法ですが、欠点があります。

単純に考えたら、食事を減らしてカロリー摂取量を減らせば減量できるでしょう。

しかし人間の体にはホメオスタシスという働きがあるため、
食事をいきなり減らすと体がその影響を受けないように代謝を下げてしまいます。

なので、体を痩せにくい体にしてしまうケースがあるのです。

突発的なきっかけで食事がしばらく得られなくなった時などに
健康状況を維持するために、ホメオスタシスという性能はあります。

体からすれば、突然供給される食事の量が少なくなるわけですから、
対策を立てねばならないと思ってしまうのです。

楽に減量したいからって食事の量を減らし、ホメオスタシスが働き出したころに食事を戻すと、
体はカロリーを貯め込んでリバウンドしてしまいます。

楽な減量をする前には、なぜリバウンドが起きるかを考えて、
ホメオスタシスの働きを考慮に含めた減量をするようにしましょう。

減量8時間ダイエット

テレビのダイエット番組で、とある芸能人がトライして
1ヶ月で4キロ痩せたというダイエット方法があります。

減量のルールは、先ほど紹介した8時間ダイエットです。

やり方は難しくなくて、起きているうちのどこか
8時間の間しか食事をしてはいけないというシンプルなものです。

朝8時に朝食を食べたら、夕食を午後16時までに食べます。
朝10時に朝食を食べたら、夕食を午後18時までに食べます。

こうすれば1日のうち、16時間は何も食べない時があるという事になります。

何も食べない時間を確保する事で体内に残っているエネルギーを支出し、
胃腸の働きにインターバルを与えて便通を改善する影響があります。

16時間は何も食べないということさえ守れば、
食事制限もなく運動もしなくていいので、かなり簡単です。

もしも、8時間という時間内で朝昼晩の食事が出来ないという人は、
一度の食事量を少なくして回数を増やし、時間を長くする方法もあります。

自身の食べたい時に食事が可能な自営や主婦の人などは、
手間なく実践できますし、影響を確かめるのもいいでしょう。

食事の時間が自らで決められないという人には、遂行困難ですが。

中身は覚えやすく、手軽な減量の方針ですので、
できるのであればしばらく続けて、ダイエット成果を検証しましょう。